生理痛を和らげる方法

生理痛の痛みの強さは個人差がありますが、環境によってもかわることがあります。
できるだけ生理痛を軽くして、生理中も穏やかな時間を過ごしたいものです。

お腹を温める

生理痛がひどくなる原因の一つとして、お腹が冷えていることが挙げられます。
冷房の効いた場所にいることが多かったり、冬の寒い時期に体を冷やしてしまうと、生理痛も強くなってしまうことがあります。

日頃からお腹を冷やさないために、下着の上にもう一枚穿いたり、生理中は腹巻きやカイロなどでお腹を温めるようにするのも効果的です。

また、ストレスが多くなると体が冷えやすくなり、生理痛も悪化することがあります。
社会人になってから、生理痛がひどくなったという人も少なくないかもしれません。

日頃からストレスを溜めない、早めに解消するなどの習慣を付けておくようにしたいものです。

日頃から運動の習慣を付けておく

デスクワークが中心で体を動かす機会が少ないと、生理痛が強くなってしまう場合があります。
日頃から適度な運動を行い、体の新陳代謝を良くしておくと良いでしょう。

また、姿勢が悪く、骨盤が歪んでいると血流が悪くなるので、生理痛がひどくなってしまう可能性があります。
日頃から姿勢に気をつけ、特に前かがみの作業が多い場合は、体を反らせるストレッチなどを行うと良いでしょう。

他にも生理痛を和らげるストレッチなどを行うのも効果があります。

豆乳を飲む

豆乳は生理痛を和らげる効果があります。
すぐに効果が出る場合もあれば、なかなか効果を実感できない場合もあり、個人差があるので、必ずしも全ての人に効果があるとは言えません。

それでも豆乳や納豆などの大豆食品は女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンの効果で、ホルモンバランスを整えてくれます。
普段の食生活を改善しながら、生理痛を和らげて行きたいものです。

鎮痛薬を飲む

どうしても痛みに耐えられない時は、鎮痛薬を服用することで、痛みを緩和することができます。
また、鎮痛薬の種類によって、効果の違いは個人差があります。

鎮痛薬を一時的に利用するのは良いですが、続けることは副作用の心配もあり、あまり良いことではありません。
他の方法では効果がなく、常に鎮痛薬を服用しなければいけないような状態の時は、婦人科を受診して、相談してみることをお勧めします。

また、鎮痛薬は常用していくことで、体に耐性ができてしまい、効果が薄くなってしまうことがあります。
出来るだけ薬に頼らない方法で、生理痛を和らげる方法を実践していきたいものです。